ムダ毛処理が趣味な変わった友人

友達がすごく変わっていて困ります。変わりすぎて怖いです。私の友人は前から変な趣味にはまることが多かったけど、今の趣味が「ムダ毛の処理」なんです。どう思います?こんなところからも相当変わっていることが分かるでしょう?

ムダ毛に処理は普通、煩わしい作業ですよね。時間もかかるし、繰り返してムダ毛の処理をするだけで、何の楽しみもないと思います。それなのに友達はそれを「楽しい」と言っていました。なんでも毛穴の奥までしっかりと抜けるのが楽しいみたいです。どれだけキレイに抜けるかと工夫して抜いて、そこに楽しみを感じるらしいです。私にはちょっと分からないマニアックな感覚です。

「痛いでしょ?」と私が聞いたけど、どうやら友達の痛覚はマヒしているらしくて、ほとんど痛みを感じないと言っていました。どこまで本当なのかよく分からないけど、ちょっと言動がやばい気がします。大丈夫なんでしょうか?痛いのがいいMっ気のあるタイプの人間かと最初思っていたけど、そうではないみたいです。痛みをそもそも感じられないというのは相当ヤバいです。

もっと普通の趣味を持ってくれたらいいのにといつも思います。手芸が好きとか美容製品にはまるとか女性らしい趣味ならすごく分かってあげられるのに、なんだか変な趣味すぎてついていけません。こういう変わったところがあって、ちょっと心配します。さすがに私もムダ毛処理の趣味は持ちたくないなと思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>